熟年離婚にならないために!

ホントにいいの熟年離婚?!

テレビや雑誌でよく取り上げられている熟年離婚、

 

そんな簡単ではありません。

 

メディアにおどらされて、簡単に決めてはだめ。

 

離婚よりも前に、できることはあるはず、夫婦関係を修復する余地はありませんか?

 

熟年離婚におちいらない、結婚相手選び

 

結婚するときに、気を付けたいのは、結婚相手の選び方ですが、

 

経済力がそこそこでも、価値観が合っていればOKです。

 

その反対に経済力は素晴らしくても、まったく価値観が合っていなければ結婚しないほうがいいでしょう。

 

価値観は育った環境、教育などで変わってきます。

 

これは大切な結婚相手の条件ですね。

 

価値観の違う人と結婚してしまったら、どうする?

 

もしも判断ミスで、価値観の違う相手と結婚してしまった人は、

 

早いうちに、子供いないうちに、離婚を考えることはありだと思います。

 

子供がいる女性でも、だんなさんと合わない部分はとことん話合ってください。

 

改善できる夫婦関係から改善してみましょう。

 

どうしてもだめなところは目をつぶる。慣れることも多くあります。

 

そして相手のいいところだけを見る努力をして、感謝してみましょう。

 

すると相手への不満など消えてなくなるものです。

 

熟年離婚をする人は。。。

 

それでもダメな場合には、熟年離婚ということも考えられます。

 

熟年離婚をしたいという人は、離婚後のお金、住まいについて準備してから

 

話を切り出しましょう。またすんなり承諾してもらえないことも考えられますので

 

離婚したい理由などを、証拠として裁判で証明できるように日記、会話などあるといいですね。

 

それから老後の一人での生活は、最初は気楽でいいでしょうが、

 

慣れないせいか、心にぽっかりと穴が開くこともあるので、お友達やパートナーなども

 

作った方がいいですね。

 

婚活トップページ